The 11th International Symposium on Water Supply Technology in Yokohama 2019

Mr. Taiki Okano, Second year Master course student, had an oral presentation at Session 3 ‘Utility Management Risk Management and Their Future’ in the 11th International Symposium on Water Supply Technology in Yokohama 2019 (July 9 – 11, 2019, Conference Center of PACIFICO Yokohama, Japan) on 10th July, 2019.

岡野泰己君(M2)が,2019年7月10日,パシフィコ横浜で開催された第11回水道技術国際シンポジウム(2019年7月9日~11日),第3分科会「事業運営,リスク管理とその将来」において口頭発表を行いました。

T. Okano, N. Hirayama, and M. Hayashi: Development of Standard Fragility Curve of Water Pipe with Probabilistic Approach, The 11th International Symposium on Water Supply Technology in Yokohama 2019, 9–11 July, 2019, Yokohama, pp. 327–334, 2019.

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中