京都大学環境衛生工学研究会第44回シンポジウム

平山研究室の平山准教授,大杉裕康君(M1),瀧石さくらさん(B4),牧野真輔氏(元受託研究員,愛知県企業庁)の4名が,2022年7月29日,30日,京都大学環境工学研究会第44回シンポジウム@京都市で,口頭発表を行いました。

  1. 平山修久,河田惠昭:水道管路耐震化からみた相転移する社会災害
  2. 瀧石さくら,平山修久:南海トラフ地震における水道事業体の応急給水活動への災害暴露評価
  3. 牧野真輔,平山修久:ウェラブルカメラを用いた浄水場における技術継承システムの開発
  4. 大杉裕康,平山修久:耐震指標を考慮した災害廃棄物量把握システムの構築

Assoc. Prof. Hirayama, H. Osugi, S. Takiishi, and S. Makino had the oral presentations at the 44th Symposium on Environ. & Sanitary Eng. Res. on 29th & 30th July 2022.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中