第30回廃棄物資源循環学会研究発表会

2019年9月19日,東北大学において開催されている第30回廃棄物資源循環学会研究発表会で平山研究室から3編の口頭発表(一般)を行いました。

平山修久,大迫政浩,井ノ口宗成,林春男:防災分野と連携した災害廃棄物の災害対応システムに関する検討

平山修久,太田智大,永田尚人,葛畑秀亮,吉識郷,福和伸夫,河田惠昭:巨大地図を用いた災害廃棄物ワークショップ手法の検討

宮内隼,太田智大,平山修久:セルオートマトン法を用いた災害廃棄物収集運搬モデルによる処理効率の検討

Hirayama Lab. had three oral presentations at the 30th Annual Conference of Japan Society of Material Cycles and Waste Management at Tohoku University on 19 Sept. 2019.

N. Hirayama, M. Osako, M. Inoguchi, and H. Hayashi: Disaster Response System for Disaster Debris Management in Collaboration with Disaster Prevention Research

N. Hirayama, T. Ota, H. Nagata, H. Kuzuhata, A. Yoshiki, N. Fukuwa, and Y. Kawata: Development of Disaster Waste Workshop Method using Large-Scale Maps

H. Miyauchi, T. Ota, and N. Hirayama: Disaster Debris Operation Effectiveness by Disaster Debris Collection and Transport with Cell Automaton Method

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中