第43回(2018年度)地域安全学会研究発表会(秋季)

第43回(2018年度)地域安全学会研究発表会(秋季)(2018年11月2日-3日,静岡市)において,平山修久准教授が査読論文発表を行いました。

平山修久,永田尚人,上村俊一,河田惠昭:南海トラフ巨大地震時における災害廃棄物処理に係る災害対応リソース,地域安全学会論文集,33,pp.157-164,2018年11月

Assoc. Prof. Hirayama had a peer review paper presentation in the 43th (fy 2018) autumn research conference on Institute of Social Safety Science (2nd – 3rd Nov. 2018, Shizuoka).

N. HIRAYAMA, H. NAGATA, S. UEMURA and Y. KAWATA: Disaster Response Resources Related to Disaster Debris Operation after Nankai Trough Earthquake, J. of Social Safety Science, 33, pp.157- 164, 2018

1102地域安全学会.001

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中