日本災害情報学会第20回学会大会

平山修久准教授は,2018年10月27日(土),東京大学で開催された日本災害情報学会第20回学会大会において「平成30年7月豪雨による岡山県倉敷市真備町の災害廃棄物量(速報値)の推定」と題した口頭発表を行いました。

今回の日本災害情報学会は日本復興学会との共同開催でした。

平山研究室としては,杉浦純一受託研究員(株式会社日水コン),丸田雅靖受託研究員(豊橋市役所)による口頭発表がありました。

Assoc. Prof. Hirayama had an oral presentaiton entitled ‘Preliminary estimation result of disaster debris amount in Mabi-cho, Kurashiki City, Okayama Prefecture after 2018 July heavy rain disaster’ on the 20th conference of Japan Society of Disaster Information Studies at the University of Tokyo on 27th Oct. 2018.

This conference was held as a joint conference of Japan Soceity of Disaster Recovery and Revitalization.

Mr. Junichi SUGIURA, contact researcher, Nagoya University, Nihon Suido Consultants Co. Ltd., and Mr. Masayasu MARUTA, contact researcher, Nagoya University, City of Toyohashi had oral presentations in this conference.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中