第29回廃棄物資源循環学会研究発表会

2018年9月12日,名古屋大学において開催されている第29回廃棄物資源循環学会研究発表会で平山研究室から3編の口頭発表(一般)を行いました。

平山修久,永田尚人,上村俊一,河田惠昭:「災害対応リソースからみた南海トラフ巨大地震での災害廃棄物処理期間に関する検討」

亀田一平,平山修久:「災害廃棄物対策における自治体職員の当事者意識に係る因子の要因分析」

太田智大,平山修久,亀田一平:「仮置場の確保面積と収集運搬効率からみた災害廃棄物目標処理期間の検討」

 

Hirayama Lab. had three oral presentations at the 29th Annual Conference of Japan Society of Material Cycles and Waste Management at Nagoya University on 12 Sept. 2018.

N. Hirayama, H. Nagata, S. Uemura and Y. Kawata: Disaster debris operation period after Nankai Trough Earthquake from the viewpoint of disaster response resources.

I. Kameda and N. Hirayama: Factor analysis on sense of ownership of local municipal goverment officials in disaster waste management.

T. Ota, N. Hirayama and I. Kameda: Goal period of disaster debris operation including the area of the temporary sites and the efficiency of collection and transportation for disaster debris.

 

IMG_5516

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中